花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第96回 (平成18年7月14日 席題 ブーゲンビレア・西日)

食堂へブーゲンビレアの外廊下
私の個人的好みなんですが、中七が八になるというと、気持ちが落ち着かなくなる。ホテルなんでしょう。しかもホテルがビルみたいなのでなくて、平屋建てがずーっと繋がって、キャビンみたいなのがずーっとあって、真ん中にプールがあって、食堂があって、フロントがあるというようなのを想像します。どこへ行くのにも外廊下になっていて、そんな所にブーゲンビリアが咲いている。という南の島の避暑地のようなものが、すぐ頭に浮かびましたが、それにしても「ブーゲンビレアの外廊下」ていう、「食堂へブーゲンビレア外廊下」の方が、まだいいかな。「の」が無くたって、通じるだろうという気はいたしました。
長谷寺の捩花の捩ぢ固かりし
長谷寺であろうが、清水寺であろうが、いいようなもんだけど、長谷寺というと、観音様。清水ほど町の近くではない。もう少し先に行くと、女人高野と言われる室生山がある。ちょうどその中間の、観音様のお導きで人と人が出会う。玉鬘ですね。話としては。玉鬘との出会いというようなものを、どっかで遠く匂いとして感じると、「捩ぢ」が固いという、なかなか解決しない問題があって、その蟠り(わだかまり)みたいなものと、長谷寺に参詣するということとの気分がいいかなという気がいたしました。
ベランダのブーゲンビレア朝の風
いいですね。席題でこういう句がぱっと出来れば、やっぱり力の作家だなと思いますね。どこも珍しいことをしようと言っているわけではないけれども、これでどこか南の国のホテルのベランダにブーゲンビレアがあった。なんていう感じがあって、もちろんご自分の家でもいいんですが、夏の風の気持ちよさが出ていると思いました。
プールまでブーゲンビレア遊歩道
これ、さっきの句と同じで、最初『ブーゲンビレアの』と「の」があったんですが、これは「の」がないほうがいい。家族でプールのあるような避暑地に来て、子供達にせがまれて、「私も行くの?」「来てよー。」というのに、蹤いていって、「ブーゲンビレアがきれいだわ。」と思いながら歩く。ブーゲンビレアがあると、薄く光りを透す性質がありますから、明るい日陰がある感じがしますね。それにこの句はぴったりだと思いました。
一山に白きかたまり百合の花
これもいいですね。眼前に一つの大きな山体があって、そこにぽつぽつと白いもの。あれは何なんだろうと、よーく見たら、あれは山百合なんだ。一時、皆百合を採ってしまったけれど、ここは採らずにあって、百合のかたまりがある。ということでよかろうと思います。
大西日水辺は人を歩まする
元の句、「西日さす水辺は人を歩まする」。「大西日」という言い方が安直で、申し訳ないんですが、元の句で僕がどうしても気になったのは、「西日さす」の「さす」ということばに動詞が働くんですね。「さす」が働いてしまうから、「歩まする」が全然動きにならなくなる。だから「さす」にしないで、「大西日」と名詞で押さえておかないと、『歩まする』の気持ちが削げてしまう。もったいないと思う。
打水に迎へられたる嬉しさよ
素直にこういう句が出来ると、立子先生みたいですね。立子先生って、こういう何でもいいことを、「嬉しさよ」というふうに言ってしまう。それでいて、形が見えてくる。なかなか気持ちのいい句だったと思います。


花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第95回 (平成18年7月14日 席題 ブーゲンビレア・西日)

石垣にブーゲンビレアタンゴ鳴る
石垣は石で組み上げた垣でしょうね。たとえば沖縄とか、台風のよくやって来る所では、日本でも石垣の塀があります。あるいは、八丈島あたりもそうですが…。台風がよくやってくる所というのは、自ずから海水温の高い地域ですから、台風の時に石垣を組むということもあろうかと思います。ではタンゴはどうするか。これは説明のしようがない。実際そうだったと言えば、それっきり。ただ、タンゴって、コンチネンタル・タンゴとアルゼンチン・タンゴと様子は違うんでしょうが、「チャッチャッチャッチャ」という情熱的なリズムと派手なバンドネオンの音なんていうのを考えると、なるほどブーゲンビレアの持っている色合いに通じるな。とにもかくにも、ある南の台風が来そうな島とか、そんな所で見かけた光景というふうに、私は思いました。
山見ゆる軒につるして蛍かご
これは地味な句だけれど、面白いですね。蛍かごをつるすんだから、お約束としては宵から夜にかけてだと思います。昼間だってつるさないわけではないけれど、やはり宵から夜にかけてでしょう。でも宵から夜にかけて山が見えるっていうのは、よーく見ると、空の色と黒々とした山塊が見える。そんなような別荘地か高原みたいな所で、「どこへかけようか」と窓を開けたら、ちょうど目の前に空と山の色の違いがあって、「あ、山が見える。ここにしましょうよ。」 と言って、籠をつるして、しばらく蛍を楽しんだ。ということだろうと思います。
葉の色を変えて寄せ来る青田風
もうちょっとうまい言い方もあるかなと思いますが、見ていらっしゃるものはひじょうに的確で、誰も文句のつけようのない、青田を風がさーっと渡ってくる。稲の葉というのは、表と裏があって色が違う。ですから青田風がぱーっと来た時に、さささささと色が変っていく。それをよく見つけられたなと思います。ただ「葉の色を変えて」は違う表現があるかもしれません。この作者であることを知れば、どうぞもう一回お考えになって下さい。
浜日傘ゴッホの青の死海かな
ゴッホの青ってどういう青かわからないんですが、まあ、ガッシェ医師の着ていた服のようなあんな色かもしれませんが、ともかく濃い青だろうという気がします。濃い青に死海があったということだろうと思います。
長靴のずぶりと嵌り梅雨の畑
お百姓じゃないですね。こういうことをするのは。お百姓なら、わかるんですね。雨の降り方だとか、自分の畑の土の性質をよく知っているから、「ああ、ここはずぶっと入るぞ。」それがずぶっと入ってしまって、「あららら。」というのは、素人というか、週末園芸を楽しんでいるような人の「ありゃ」という感じがよくわかって、その土の質によっては、梅雨の長雨だけでも、十分ずぶっと入ることがあります。そんな梅雨の畑の一つの楽しい光景が目に浮かんでで、面白うございました。


花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第94回 (平成18年7月14日 席題 ブーゲンビレア・西日)

砂日傘どれも死海の青に向き
元の句、「砂日傘人みな死海の青に向き」。砂日傘が向いているというので、俳句なんですね。それを人が向いているというと、説明っぽくなってしまう。俳句はできるだけ、そういう時に『人』だの何だの言わない方が得だろうと思いますので、掲句のようになさるのがよろしかろうと思います。
ビルとぎれ西日一閃バスの窓
これは人気があった句で、こういう一句を皆採れるというのは、それだけ選句力が身に付いてきたので、慶賀すべきことだと思います。これは先程の「西の壁西日を受けし」の句と同じように、近年の東京の光景ですね。いつまでもビルの陰を走っているとまったく西日など当たらないような、ところが広い駐車場とか、高いビルを建てると逆に周りにはものを建ててはいけないお約束がある。そうすると高いビルだと、かえって何もない広がりが現出するんですね。そういうことまでよく見えてきて、すぱっと西日が車内を差した。しかもバスの窓が昔と違って、大きな窓がたくさん広くあるというのもわかって、こういう句を作れたら、気持ちがいいだろうなと思いますね。
美しき果物のあり昼寝覚め
いい暮しですね。「昼寝覚め」という夏の季題なんですけれども、うつつに戻るまでのちょっとした時間がある。うつつに戻ったら、「あ、これをすぐやんなきゃ。」と思うんだけれど、うつつに戻るまでは、ちょっとぼーっと「まあー、きれいなもんだわ。」と思う。そういうところの微妙な夢からうつつに移る時間のちょっとした間(あわい)がこの句には見えていて、面白いと思いましたね。
夏山のさらに大きくそこにゐて
さあ、この句ですね。平板に作れば、「夏山のさらに大きくそこにあり」なんですね。しかし作者はどうしても「あり」では自分の気持ちが詠めなかったんでしょうね。「ゐて」と言う位までに、その夏山に対する感情が昂っていたんでしょう。どういうことかと言えば、汽車に乗っている頃から、その夏山はあった。汽車を降りて、バスに乗り換えている間に段々近づいてきた。そして今日泊まる所に来て、窓を開けたら、あの汽車から見た、あるいは途中のバスから見たその尾根が、あの形で、でもさっきまで見て来たよりもさらに大きな、その山らしい山頂の形、裾野を引く形が、さらに大きく眼前にあった。そこに「ある」では言えない、「ゐて」と言うくらい親近感を持つ山であった。さらに大きくなってそこにあったということで、浅間とか富士、あるいは磐梯山とか、特徴のある山だと、大変面白いと思いました。作者の気持ちの強さに気圧されて、「ゐて」でいいんだなと採ってしまった。選者の掌の中だけで句が選べたら、選者と作者の関係ってつまらない関係ですね。選者が一歩引いて、この句を採らざるを得ない。と思って採るというのが、作者と選者の関係があらまほしきことで、自分のありようの句しか採れないようになったら、選者はおしまい。自分の作らない句,自分では是としていいかどうかわからないけれど、一歩引いてみたらいい句だというのは採るように、近年、心掛けております。
シャーベットさじでけずるや物想ひ
こういう微妙な陰影の句をどなたがお作りになるのかと思ったら、この作者なので、大層びっくりしたというか、ある意味ではむべなるかなと思うんです。 「シャーベットけずる」っていうところで、食べる気はない。手持ち無沙汰ではあるんですね。だから手は自然に動くんだけれど、それは食べると言うより削って、ちょっとずつかいているだけだ。頭の中では、ここのところ次から次へ思っている物想いして、微妙な句だと思いますね。この作者というと、そんな若くないんだけれども、できたら妙齢の御婦人にやっていただきたいという気もいたしました。もしかすると作者の前に妙齢のご婦人がいて、シャーベットを削っているのかもしれません。


花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第93回 (平成18年7月14日 席題 ブーゲンビレア・西日)

女世帯百合に囲まれ住まひをる
作者がいないんで言ってもなんですが、「世帯」と「住まひをる」が重なっているのが、気になるところです。かと言って、「女世帯百合に囲まれをりにけり」では、漠然としているし、ではどうするかと言っても、すぐに方便はみつからないんですが、ただ女たちが百合を丹精して、庭には百合がたくさん咲いていて、そこにお母さんと娘二人と、もしかして孫娘とか、そんな男なしの暮しがあるなんていうのは、ちょっと小説的で面白いですね。中には嫁ぎ先のない老嬢がいて、ぽそぽそした会話が夜いつまでもあってという、そういう感じがします。
敷石のごとき碑椎落葉
これ、いいですね。日本のこととも言えるし、なにか西洋あたりに敷石みたいになっている碑、あるいはお墓もそうですし、そんなちょっと変った碑の周りを椎落葉が、しっかり囲んでいる。つまり日差しがなくて日陰になりやすい所。誉めた碑というより、烈士が亡くなったとか割腹したとか、そんなような感じが想像できます。
海昏き日の鎌倉や風涼し
そうですね。一時代前の鎌倉の曇った日や雨の日は、誰も外に行くわけではない。でも、風は涼しくて、それはそれでいいという、鎌倉という町の山並みや海の水平線の感じを思うと、これはこれで一句になるんだなと感心しました。
古梅を潜めて酒精あめ色に
元の句、「あめ色の酒精に潜む古梅や」。ことばの順番を換えるだけで、それらしくなるということを覚えていただければいいと思いますね。
しばらくは見とれて夏の空と雲
若いですね。雲の感じが、ひじょうに張りがあって、「ああ、夏だ。」あるいは「ああ、梅雨が明けた。」と思って、見とれて、ぐるっと踵(きびす)で一周廻って、「ああ、雲も空も本当に夏だ。」同じ年恰好の私も、こういう若い気持ちを持ちたいものだと思います。


花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第91回 (平成18年6月9日 席題 蝙蝠・籐椅子)

梅雨に入る糠床に塩ふりにけり
いいですねー。梅雨に入るというある気分と、「だから」というよりも、「そうそう」と言いながら、ある時間ができて、糠床の整理をしたというところが、よく出ていると思います。
灯ともせば白あじさゐに届きけり
うまいですね。白あじさゐという言い方がね。あじさゐというと、傍題に七変化と言う傍題があります。したがってあじさゐというと、色が変わっていくものだ。あるいあじさゐ色というとはピンクとか青というふうに、固定観念で決めてしまうんですね。ところが白あじさゐと言われると、なるほどそういう段階もある。「白あじさゐ」と言い放ったところに、この作者の俳句のこつを大分覚えていらっしゃる感じがよく出ていると思いました。
紫陽花を映しつ水の流るかな
こっちの方は白あじさゐより、ちょっと劣るかもしれない。どうしてかと言うと、「映して水の流るかな」は理なんですね。影はそのままでも、影を映している水の本質そのものは流れているんだという、そう言う理屈をちょっと感じるんですね。そういう意味で、この句の瑕になっているんですね。
あじさゐの寺をよぎつて世田谷線
これ、いいですね。何寺だか知りませんが、世田谷線というのは、昔は畑の間を、ぽそぽそぽそぽそ走っていたんですよ。それがいつの間にか、どんどんどんどん家が混んできて、昔は寺と畑しかなかったような所を今は家の間ばっかりだ。ところがそんな中で、寺の近くを通って、あじさゐのほとりを通る時は、一番の安らぐ時なんだ。ということを、説明でなく言えている。説明でなく言えてる、この句の最大の手柄は「世田谷線」です。固有名詞の使い方が、この句はうまかったですね。昔はああだった。こうだったということを言わないで、「ああ、かつての世田谷。今の世田谷。」というのが、よくわかってきて、この句は固有名詞を使う、お手本みたいな句かなと思いました。