主宰近詠(2021年2月)

辿ればやがて 本井 英

枯れてなほ屯を解かず紫菀らは

枯るるとは乾きゆくこと紫菀叢

葉も茎も花びらも枯紫菀かな

葉はなえて茎にまとはり枯紫菀

いづこともなく紫や枯紫菀



枯紫菀空仰ぐこと疾うにやめ

来る風をいとふのみなる枯紫菀

枯紫菀に頰をよせたり語らまく

枯紫菀焚いてくれよと身じろげる

枯紫菀へ介錯の庭鋏かな



  俳誌「稲」へ
稔る色たがへながらも稲筵

野尻湖のさびしき頃の一茶の忌

椋鳥(ムク)々々と蔑まれつつ一茶の忌

老といふ敵手強(テゴワ)しよ一茶の忌

人の世の醜きことも一茶の忌



落葉かさなしてゆゆしき土塁かな

今日の雨に草枯さらにはらばへる

嵐電に場末とてあり夕時雨

時雨つつ妓楼の名残かすかにも

時雨つつ辿ればやがて美濃ざかひ
◯特殊標記 (1)ルビ 滴りや 山の心斯く (2)詞書      

博多二句

(3)添字      干し上げて若布本 ありにけり  or       一谷戸の奥の奥まで菖蒲園 (4)長音等記号      〳〵 〴〵 〱 〲

主宰近詠(2021年1月号)

無実顔    本井 英

秋耕の一鍬ごとに土香り

岸釣の釣るれば妻の駆け寄れる

おしろいは実を零したり萼残り

待ちまうけをれば尾花に風いたる

泥まみれなるものも朴落葉かな



女郎蜘蛛夫は無実顔にをり

客寄せのコスモス畑頃を過ぎ

スルタンの宝珠のやうや藪茗荷

鵙はひかへめ画眉鳥聴こえよがしに

トンネルの中ほど高し秋の風



浜砂に消ゆる小流れ暮の秋

街の秋潮路橋とは良き名もて

秋風に船首いかめしタグボート

万両五六亭々といふ姿にも

白マスク黒マスクはた顎マスク



煽つたび陽射し掬ひて芭蕉葉は

句碑そこに建つがたのしみ小鳥来る

緋毛氈の緋に新旧や秋日和

咲きつれて茶の花姸を競ふなく

茶の花や不平不満の蕊を吐き

主宰近詠(2020年12月号)

阿鼻叫喚を       本井 英

海紅豆阿鼻叫喚を吾知らず

蟬声のカタカタ・カタと止まりけり

葛の花高きはさらに風ゆたか

芋虫は嘶くやうに身を反らし

芋虫の疣足もんぺばきにして



たぐり寄すれば菱の実もこぞり来る

峰近み水仕の水も澄みわたり

箸茶碗漬けつぱなしに水澄める

作庭とて愉しからんや水の秋

新しき庭の明るさ白式部



佳き風に小つぶ小つぶや新松子

衛兵のやうにゐならび蘇鉄咲く

灸花莟ながらに幾つづれ

松手入済みしばかりを風通ふ

浜へ出る小さきトンネル昼の虫



分岐して茎たくましや滑莧

ひるがへるちぬと目が遭ひ河澄める

浮かび出て鯉の口の輪秋の水

雨ながら水の秋なるお庭かな

榠樝の実小さくこまつしやくれたる

主宰近詠(2020年11月号)

湖の秋     本井英

仙人掌のやうに()てるも雲の峰

枝移るときの羽色油蟬

川蜻蛉かなもつれてはいこひては

なつかしの蚊帳吊草の茎の(カド) 

花茄子のたいらの花の下向きに



にがうりと呼びて黄色く熟れさせて

枝豆を畦に面白半分に

根の生えしごとく夏山揺るがざる

夏川の痩せて浅きやもくづがに

その(ヒト)の座したれば佳き緑蔭に



雪渓のひとかけこびりつく富岳

茶畑へ大水撒きをしてをりぬ

単線や臭木の丘にさしかかり

稲田道三方原をひた目ざし

サイクリングロードを歩く湖の秋



湖浪のたためる音と鉦叩と

素麺流しの割竹の乾きをり

立ち止まるたび秋風に抱かるる

一輛車あらは夏川渡るとき

半周を車窓に座しぬ湖の秋

主宰近詠(2020年10月号)

痩身の杞陽  本井 英

日がさして道なま乾き道をしへ

道をしへ腹の鎧の真紫

たつぷりの式台に置く円座かな

跫音や円座かかへて沙弥来たる

痩身の杞陽を載せて円座かな



透析のなき一日を甚平着て

定位して尾の揺り方の岩魚たり

泥鰌鍋暖簾の白を誇るかに

言の葉や五月雨傘のうちを出ず

スリッパやゴキブリなどて逃すべき



舟虫の付和雷同といへる知恵

梅雨寒の撫でてあたたか猫の腹

今日ぽかとひらきて布袋草の花

老いてさらに香をこそ愛づれ蚊遣香

螢など舞ふべし蜷の水も澄み



萱草の蕾やすでに花の色

畦草もときをり引きて田草取

足を抜くときの泥音田草取

茂なか画眉鳥役者然とをり

地滑りをしたり露草のせしまま