課題句(2018年10月号)

「秋風」		冨田いづみ選

透き通る音聞くやうに秋の風		塩川孝治
駅前はシャッター通り秋の風

崖削る砂さらさらと秋の風		町田 良
島山をのぼれば秋の風の吹く		藤永貴之
送別の歌秋風の棧橋に		梅岡礼子
秋風やあるがままなる今日も暮れ	岩本桂子

課題句(2018年9月号)

「花野」   塩川孝治 選

馬遠く遊ぶ花野や草千里       伊藤八千代
湖畔へとつづく花野に径細く
間道の此処ら花野でありしかな    磯田和子
枯れしもの花野にありて美しき    天明さえ
県境をいつしか越えて花野行く    藤永貴之
たどり来し花野をいまぞ鳥瞰す    本井 英

課題句(2018年8月号)

「鳳仙花」    今井舞々選
  
兄妹別離の昔鳳仙花            田尻くがを
鳳仙花妹が弾くや卓袱台に
防空壕ありたる土に鳳仙花
かくれんぼ屈めば飛んで鳳仙花    三上朋子
蜑が家のトロ箱に咲く鳳仙花      山口照男
坂少し降りて着く宿鳳仙花        梶原一美
鳳仙花宇宙と交信始めたる        浦上ひづる

課題句(2018年7月号)

「天道虫」      町田 良選
                                                      
開けし掌に天道虫と青き草      青木百舌鳥
てんと虫だまし見て幸せさうで

天道虫絵本の野原横切りけり     津田祥子
星数ふ天道虫を掌にのせて      井上 基
てんとむし日輪小さくやどしたる   本井 英
日の中へ天道虫の消えにけり     園部光代

課題句(2018年6月号)

「網戸」     前北かおる選

網戸より山の冷気の自づから			町田良
潮風と潮騒入るる網戸かな

戸を寄せて川風網戸より入るる			木下典子
三線(サンシン)の音の聞こえ来る網戸かな	冨田いづみ
遠ざかり色の薄まる網戸かな			梅岡礼子
灯を消して網戸の風をほしいまま		常松ひろし