課題句(2019年1月号)

「若水」            原 昌平 選

蓋とれば星を置いたる若井かな    藤永貴之
若水の底に沈める餅ヒかな 
僧堂の闇深くして若井汲む      小沢藪柑子
汲み上げし若水空を映したる     梅岡礼子
若水で点てたるお薄正客へ      草野 鞠
若水に息災の顔揃ひける       前田なな

課題句(2018年12月号)

「マスク」          坂 廣子選
                                                      
案ずるに及ばずと云ふマスクの眉   青木百舌鳥
マスクとり鼻よりたたみくるくるす
匿名となつたつもりのマスクかな   児玉和子
マスクして目の優しさの滲み出る   辻 梓渕
点滴を点検しをるマスクの目     本井 英
マスクして小さく人を隔てをり        伊藤八千代

課題句(2018年11月号)

「山茶花」       田中温子選 

余生なほ山茶花垣の内にかな       伊藤八千代
山茶花の咲きつぎて散る母の忌に
山茶花や水音清き肥後城下

山茶花掃くや何も手につかぬ日に     梅岡礼子
公園の山茶花日和子と犬と        町田 良
山茶花に無き咲き始め咲き終り      辻 梓渕
山茶花に谷戸径はやゝ登るかな      本井 英

課題句(2018年10月号)

「秋風」		冨田いづみ選

透き通る音聞くやうに秋の風		塩川孝治
駅前はシャッター通り秋の風

崖削る砂さらさらと秋の風		町田 良
島山をのぼれば秋の風の吹く		藤永貴之
送別の歌秋風の棧橋に		梅岡礼子
秋風やあるがままなる今日も暮れ	岩本桂子

課題句(2018年9月号)

「花野」   塩川孝治 選

馬遠く遊ぶ花野や草千里       伊藤八千代
湖畔へとつづく花野に径細く
間道の此処ら花野でありしかな    磯田和子
枯れしもの花野にありて美しき    天明さえ
県境をいつしか越えて花野行く    藤永貴之
たどり来し花野をいまぞ鳥瞰す    本井 英