課題句(2017年6月号)

「十薬」       前北かおる 選


嘘を塗り重ねどくだみ踏み潰す			杉原祐之
十薬や教会裏の農具小屋
シーツ干す十薬だたみすれすれに		岩本桂子
望まるるままに十薬わけにけり			田島照子
十薬の莟まつたき白を得て			本井 英
十薬や今に伝へて首塚と			町田 良

課題句(2017年5月号)

「穴子」       矢沢六平 選

ぜりじやりと穴子裂く音や身の動く  山口照男
週末の仕事帰りの穴子釣       三上朋子
穴子舟夜間飛行の灯の赤く      清水朗風
捌かれて白一線の穴子かな      冨田いづみ
半島の灯がまばらなり穴子釣る    梶原一美

課題句(2017年4月号)

「風光る」        永田 泰三 選
待つ人の姿見え来し風光る       岩本桂子
方丈の庇の反りや風光る
笑ひ声あれはラの音風光る       坂廣子
子らのリュック樹下に寄せあり風光る  前田なな
シュートの子受けてゐる子に風光る   辻 梓渕
電停に海のにほひや風光る       田中香

課題句(2017年3月号)

「苜蓿」       藤森 荘吉 選

クローバに礎石四つの沈みゐし     田島照子
寝ころぶは若きしるしやクローバー
古里に戻りて農や苜蓿
母さんを待ちつ束ねるうまごやし    原田淳子
クローバに寝て青空をひとり占め    宮田公子
クローバにフレアスカート座りをる   児玉和子
先生を囲む四五人クローバー      飯田美恵子

課題句(2017年2月号)

「下萌」          坂 廣子選     

フラミンゴペリカン孔雀下萌ゆる    前北かおる
曳き馬の背に跨れば草青む
廃線の犬釘錆びて下萌ゆる        児玉 和子
下萌に書読むと思ひ定めたり       田中  香
下萌や雨止めば日のぬくもりに      岩本 桂子
貯木場に空地ひろびろ下萌ゆる      本井  英