課題句(2018年2月号)

「絵踏」          小野こゆき 選

我ならば絵踏すると云ふシスター	浅野幸枝
踏絵板展示ケースに黒ずめる
踏絵見し思ひのほかに小さくて		岩本桂子
主のお姿摩耗し給ふ絵踏板		村田うさぎ
絵踏思ひつ長崎の雨の坂		津田祥子
絵踏の世在りしと十字切る女		辻 梓渕

課題句(2018年1月号)

「水仙」 宮川幸雄 選

水仙の凛と咲きたる忠魂碑		山口照男
水仙の矜持を保つ葉の捩れ
 
静もるる連隊跡や水仙花		福田雅子
水仙を挿して信如の何処へやら 	草野 鞠
土曜日の朝のキッチン水仙花		前北かおる
谷戸奥の妻の墓にと水仙を		本井 英

課題句(2017年12月号)

課題句 「短日」          藤永貴之 選

ロープウェイ下りて里曲の暮早し	岩本 桂子
みちのくの旅のはじめの暮早し

廃寺とて掃く人のあり日短		櫻井 茂之
短日の産土に来て祈る人		根岸美紀子
短日や句会戻りの夕支度		前田 なな
内灘まで来てみたりしが日短		本井  英

課題句(2017年11月号)

「落葉」   前田なな 選

主なき象舎に積もる落葉かな    津田祥子
朴落葉竜骨反らしをりにけり

いく片か落葉溜に瑞みづし     常松ひろし
ハイヒール埋めて銀杏落葉かな   田中 香
銀杏落葉や月の浜辺を歩むごと   櫻井茂之
シナモンを振つてコーヒー落葉時  前北かおる

課題句(2017年10月号)

「夜寒」          津田祥子 選

雨戸打つ風のつのりし夜寒かな		伊藤八千代
夜寒の戸閉めて出でゆく音残し
病臥すといふ日々にある夜寒なる	田島 照子
自動ドア夜寒のフロア皎々と		岩本 桂子
夜寒ねと語りかけられたる刹那		本井  英
夜寒かな素気(スゲ)ない猫に声を掛け	坂  廣子