雑詠(2019年1月号)

からまつて落ちゆく泥鰌放生会     矢沢六平
蟷螂の猛り続けて転げけり
夕月や蔵の框に猫の皿
鈴虫のながく鳴き止む夜更かな
コスモスやダム湖へ続くダンプ道

甘蔗畑の先に不意に崖        小沢藪柑子
日没りてなほもしづれる雪のある    藤永貴之
俳壇の遠くにありて初句会       前北かおる
忘れたる頃にずどんと威銃       井上 基

雑詠(2018年12月号)

夏蝶のごとく翔けたし生きたしよ     望月公美子
我楽多と言う字はためく夏の市
秋日濃し壁一面の世界地図
板の間を隈なく拭きて涼しかり

平成の最後の八月十五日         柳沢木菟
風邪抜けてけふ猫島に猫とゐる      藤永貴之
奉納の舞にやせゆく花氷         山内繭彦
噴水の飛沫を浴びる側へ行く       磯田知己

雑詠(2018年11月号)

井戸はまだ生かしてありぬ柿青し         児玉和子
白南風に沼面ゆるゆる押されをる
浜木綿の蕊踊らせて咲けるかな
椿とも薔薇ともほぐれ水中花

河骨や濁れる雨後の水に立ち     江本由紀子
まだ誰も起きてこぬ朝月見草     山内裕子
心地良い疲れ運動会も済み      西岡あやめ
烏瓜の花のむくろの白さかな     天明さえ

雑詠(2018年10月号)

からつぽの水鉄砲に撃たれけり			小野こゆき
菖蒲田に花殻摘みの赤襷
黒南風にぐらぐら浜の信号機
ディンギーの鱚釣舟を縫ひゆけり

吾子もゐる運動会の楽きこゆ			藤永貴之
初夏や嬰の足指豆のやう			牧原 秋
碁盤商溽暑の町にしんとあり			児玉和子
十薬や躙り口には鍵掛けて			岩本桂子

雑詠(2018年9月号)

燕待合室を一周す     塩川孝治
坂を上り坂を下りて青葉風
今は只静かに桜実を結び
アーチ潜りて薔薇の園出づるかな

裏作の豊後平野の麦の秋     木山杣人
桜もち句座に香りて配らるる   前田なな
鎌倉を通り過ぎたるはたた神   岩本桂子
三日月や小さきぬくき手を引いて 櫻井茂之