雑詠(2017年12月号)

ででむしをつまみ地球と切り離す		磯田知己
形代に老若男女表裏無く
歩行者用ボタンを押して片陰へ
空蟬の中は随分窮屈さう

浜木綿の明日咲く蕾への字なる		早稲田園子
白鍵に沈める指や夜の秋		田中 香
垣根なき海辺の暮らしカンナ赤		小川美津子
かもめ現る夜涼の船の灯の中に		津田祥子

雑詠(2017年11月号)

光から雷鳴までを息つめて			木下典子
初蟬の聞こえ洗濯日和かな
紫陽花に木の影おとし一里塚
風鈴をいくつも下げて陶器市

退院や一日遅い鰻の日		矢沢六平
鉛筆で蟻のけんかを仲裁す		小野こゆき
冷麦へ氷ごろごろ落とし込む		山内裕子
あめんばう出合ひ頭の横つ跳び		河内玲子

雑詠(2017年10月号)

跼まりて子はなほ小さし椎拾ふ		藤永貴之
菊畑の菊矗々と出荷待つ
桐の実や寺領の内の一つ庵
遠目にも桂の黄葉且散れる
残照を惜しみ高きに登りけり
案内人目につく草を引きながら		岩本桂子
蚊遣香外の雨へと流れけり		永田泰三
水面をぼぼぼぼぼつと滝が刺す		磯田知己
万物に影をつくりて夏の月		木下典子

雑詠(2017年9月号)

月命日カーネーションを束にして		羽重田民江
鯉幟風をはらみて太々(フトブト)と
息災を知らせる新茶届きけり
風吹きてたんぽぽの絮横つ飛び

母の日の来れば母の忌夫の忌も		岩本桂子
枝移りせむとくちなは伸び上がる	児玉和子
雑居ビルのダンス教室秋灯		櫻井茂之
羅馬軍の隊列かくや鰯雲		山口照男

雑詠(2017年8月号)

石段を上がればありし茅の輪かな		藤永貴之
初嵐へくそかづらの花こぼし
蟷螂の創一つなく死んでをり
日の当たる石にとまれり秋の蝶
亀鳴くや鵠(クグヒ)の沼の消えし町	津田祥子
小径を麓へたどり春深し		小沢藪柑子
一旦は空へ空へと花吹雪		前田なな
春の蚊の目の前に来てそこに消ゆ	高瀬竟二