課題句(2019年10月号)

「鹿」			青木百舌鳥 選

鹿の目の空を映してたぢろがず		岩本桂子
一声の鹿をききたる旅なりし
おもむろに鹿立ち上がり杣も亦		藤永貴之
指させるなぞへに鹿の蹄痕		山本道子
参詣のまへにしりへに朝の鹿		磯田和子
路肩から小鹿つぎつぎ現るる		小沢藪柑子

課題句(2019年8月号)

「新涼」       稲垣 秀俊 選

新涼の水族館の暗さにゐ		児玉和子
新涼の内陣に燭ゆらぎをり
ペディキュアはぬらずにおくや涼新た	天明さえ
秋涼し上げ汐時の川面かな		遠藤房子
新涼のカチッとカフスボタンかな		本井英
灯台は風に磨かれ涼新た		青木百舌鳥

課題句(2019年7月号)

課題句「夕立」          根岸美紀子 選

夕立を貫く鷺の鼓翼かな		田中 香
夕立あと雉鳩の七拍子また

夕立にそろととりこむ将棋盤		津田祥子
夕立や黙々と糠かきまはし		梅岡礼子
山の湯を夕立やどりに借り申し		本井 英
夕立を猫と見てをる窓辺かな		児玉和子

課題句(2019年6月号)

課題句「葭切」  馬場紘二 選

葭切の葦ひん曲げて空を向く		田中 香
大口を開けて啼きをり行々子
葭切の筑紫二郎は吾が川と

葭切を聞く半袖のポロシャツで		塩川孝治
行々子そんなに念を押さずとも		前田なな
葭切や鋏のやうに嘴ひらく		田中金太郎
大揺れの葭にちらちら葭雀		本井 英

課題句(2019年5月号)

「若葉」       渡邉 美保 選

馬群いま向正面若葉沸く		前北かおる
神水を含めば金気若葉陰

魚付の岬の森の若葉風		杉原祐之
国文科の五限の授業若葉雨		梅岡礼子
六十九宿の一なる里若葉		本井 英
藤棚のゆさく 積める若葉かな		藤永貴之