課題句(2021年7月号)

課題句 「百合」         山本道子選 
  
磨崖仏の目鼻の欠けて崖の百合		園部光代
百合の花トランペットのドレミファソ

山百合や三角屋根の音楽堂		前田なな
山百合をバケツに漬けて道の駅		町田 良
日の少し差して山百合匂ひくる		山内裕子
ご別荘の百合の盛りの車寄せ		本井 英

課題句(2021年6月号)

課題句「えごの花」          近藤作子 選

えご真白明治の洋館車寄せ		津田祥子
一枝を日当る方へえごの花
考(チチ)の名の陶の表札えごの花	前田なな
えごの花ここに実習生として		前北かおる
えごの散るくるくるくると水面まで		児玉和子
えごの花雫もろとも落ちさうに		藤永貴之

課題句(2021年5月号)

課題句「袋角」     山内繭彦 選 

袋角風にまぶたを閉ぢにけり		前北かおる
しづかなる空に堂塔袋角
袋角心許無くかたまりて		天明さえ
袋角遠き目をして過りたり		磯田和子
袋角たんこぶほどが生え初めぬ		浅野幸枝
江戸三の夕べしづけし袋角		本井 英

課題句(2021年4月号)

戦火くぐり来し黐の木の蘖ゆる		村田うさぎ
蘖えて風禍の神の大銀杏 
蘖ゆる柞にひらけ山の空		青木百舌鳥
アボカドの切れば切るほどひこばゆる	坂 廣子
大銀杏倒れ失せしに蘖える		本井 英
東京は銀杏の街ひこばえて		前北かおる

課題句(2021年3月号)

課題句「立子忌」       小野こゆき 選

立子忌や暮しの中に立子の句		原田淳子
花木の名鳥の名覚え立子の忌
一文字を思ひ巡らす立子の忌

立子忌の巴里に和服の巴里ジヱンヌ	山口照男
立子忌の帰りに寄りて鳩サブレ―		梅岡礼子
はからずも今日立子忌の一句会		宮田公子
父を敬ひ父に愛され立子の忌		冨田いづみ