雑詠(2020年3月)

観念して家業に就きぬ酉の市		矢沢六平
凩やびつくりガードくぐり抜け
機関区を望む陸橋冬日和
冬もみぢ仮設トイレを撤去中
投げ放つ鷹の低空飛行かな

はこべらの茎も(ウテナ)も産毛かな		藤永貴之
零余子かな小惑星の(カタチ)して		原 昌平
しらしらと芋の見えゐる芋水車		田中 香
桜湯の碗をタトゥーの手が包む		櫻井茂之

雑詠(2020年2月号)

抱かれたる子猫瞬きせずに鳴く		櫻井茂之
虫出の鳴りて響かず了はりけり
拍手鳴り了へて再び弦の春
ナンを焼く男歌ふや春の宵

ボンネットにひろげ茸の粗選び		矢沢六平
犬たちを橇に繫げば尿り出す		藤永貴之
鯔の飛ぶ京浜運河交差点		小野こゆき
小児科に運動会の楽の音		杉原祐之

雑詠(2020年1月号)

生きて別れ死して別れて葉月なる		児玉和子
駒草の茎の細さの揺れどほし
駒草の濃きも淡きも一ト株に
やんま翔びゆく岩菖蒲すれすれに
お参りの車が触れて萩の花

寒鯉の井桁崩しに重なりて			山口照男
芋虫の縮みて太き箸の先			辻 梓渕
ミュージアムショップにもハロウィンの飾り	冨田いづみ
餅花や萌したる芽もありながら			藤永貴之

雑詠(2019年12月号)

著ぶくれてこぼれおちさうバギーの子	田中金太郎
葉牡丹の紫の渦にすひこまる
寒禽のするどき声に沼暮るる
病む妻の爪切りてやる小春かな

レジ袋最後に入れる桃二つ		都築 華
炎昼の鶏小屋騒ぎ静まりぬ		町田 良
新涼の侍浜の松に雨			稲垣秀俊
猿山の猿に片陰すらも無く		辻 梓渕

雑詠(2019年11月号)

夏燕数をふやして高く低く		山口佳子
満月の光は散らず梅雨最中
手水舎の水のかかれる藪萱草
早々に植田の底にうごくもの
ホームに聞く「希望の轍」梅雨明くる	御厨早苗
百円玉ことりと落ちて胡瓜買ふ		原 昌平
浮かみたる大敷網に夏の雨		原 昇平
瀬戸物を商ひてをり土間涼し		近藤作子