雑詠(2020年1月号)

生きて別れ死して別れて葉月なる		児玉和子
駒草の茎の細さの揺れどほし
駒草の濃きも淡きも一ト株に
やんま翔びゆく岩菖蒲すれすれに
お参りの車が触れて萩の花

寒鯉の井桁崩しに重なりて			山口照男
芋虫の縮みて太き箸の先			辻 梓渕
ミュージアムショップにもハロウィンの飾り	冨田いづみ
餅花や萌したる芽もありながら			藤永貴之

雑詠(2019年12月号)

著ぶくれてこぼれおちさうバギーの子	田中金太郎
葉牡丹の紫の渦にすひこまる
寒禽のするどき声に沼暮るる
病む妻の爪切りてやる小春かな

レジ袋最後に入れる桃二つ		都築 華
炎昼の鶏小屋騒ぎ静まりぬ		町田 良
新涼の侍浜の松に雨			稲垣秀俊
猿山の猿に片陰すらも無く		辻 梓渕

雑詠(2019年11月号)

夏燕数をふやして高く低く		山口佳子
満月の光は散らず梅雨最中
手水舎の水のかかれる藪萱草
早々に植田の底にうごくもの
ホームに聞く「希望の轍」梅雨明くる	御厨早苗
百円玉ことりと落ちて胡瓜買ふ		原 昌平
浮かみたる大敷網に夏の雨		原 昇平
瀬戸物を商ひてをり土間涼し		近藤作子

雑詠(2019年10月号)

ひとり食めばさみしくなりぬさくらんぼ		天明さえ
亀の子の三角頭あさざ池
風光り先の先まで青信号
初夏の森かぐはしく匂ふかな
墨色をおびし白雲梅雨の晴
突兀として粧へる峰が古			藤永貴之
九輪より降り注ぐ風花楝			釜田眞吾 
急発進してあめんぼの弾き合ふ			前田なな
地下壕の門扉錆付き梅雨寒し			深瀬一舟

雑詠(2019年9月号)

水に落ち水際に落ち桐の花      田中 香
大いなる波を生みつゝ代田搔く
茄子苗の花一輪を下げて立つ
兜まづ立てゝ捌けり初鰹

震災を重ねて遠き震災忌       前北かおる
ボタ山の天辺まろし鰯雲       櫻井茂之
些細なる諍ひ麦の飯冷えて      山内裕子
無住寺の門に閂柿若葉        皆川和子