投稿者「管理人」のアーカイブ

句会・吟行会案内(2024年7月)

名古屋
  • 日時/集合:6月2日(日)   11:00  大垣駅改札口
  • 吟行地・兼題:大垣
  • 句会場:未定  (14:00締切 10句)
  • 幹事/連絡先:大山みち子  
池 袋  
  • 日時/集合:6月5日(水)
  • 吟行地・兼題:ジキタリス・辣韮
  • 句会場:東京芸術劇場  03-5391-2111  (19:15締切 7句)
  • 幹事/連絡先:前北かおる  
池 袋(7月)
  • 日時/集合:7月3日(水)
  • 吟行地・兼題:白靴・背越
  • 句会場:東京芸術劇場  03-5391-2111  (19:15締切 7句)
  • 幹事/連絡先:
湘南タイドプール  
  • 日時/集合:6月6日(木)
  • 吟行地・兼題:夫婦池公園、鎌倉山ほか
  • 句会場:鎌倉教養センター(笛田)  0467-32-1221  (13:30締切 7句)
  • 幹事/連絡先:羽重田民江  菅原恵美子  
土 曜
  • 日時/集合:6月8日(土)12:00  東京メトロ有楽町線・江戸川橋駅1a出口
  • 吟行地・兼題:江戸川公園〜神田上水取水口〜関口芭蕉庵〜水神神社〜肥後細川庭園
  • 句会場:肥後細川庭園内・松聲閣集会室  (15:00締切 7句)
  • 幹事/連絡先:宮川幸雄 
渋 谷
  • 日時/集合:6月13日(木)      
  • 吟行地・兼題:苺・五月晴
  • 句会場:リフレッシュ氷川  2階多目的室C  03-5466-7700  (14:00締切 7句)
  • 幹事/連絡先:櫻井耕一  財前伸子  
湘 南    
  • 日時/集合:6月16日(日)
  • 吟行地・兼題:円覚寺・浄智寺界隈
  • 句会場:鎌倉生涯学習センター  0467-25-2030  (14:30締切 7句)
  • 幹事/連絡先:飯田美恵子  橋本由美子
タイドプール  (初心者対象)  
  • 日時/集合:6月20日(木)  13:00  JR上野駅公園口改札前
  • 吟行地・兼題:上野  
  • 句会場:千代田区矢板ビル  03-3255-0471  (15:30締切 5句)
  • 幹事/連絡先:林 美佐子  
東 京  
  • 日時/集合:6月26日(水)  
  • 吟行地・兼題:目黒・自然教育園  
  • 句会場:三洲倶楽部  2階大ホール 品川区  上大崎1-20-27  03-3447-6776   (13:30締切 7句)
  • 幹事/連絡先:田中温子  武居玲子  
  • 福 岡
    • 日時/集合:
    • 吟行地・兼題:
    • 句会場:
    • 幹事/連絡先:藤永貴之  

課題句(2024年5月号)

課題句「夏場所」           木代爽丘 選

高櫓仕立ていよいよ五月場所		柳沢晶子
櫓太鼓大川超えて夏空へ

夏場所や呼び出し吾郎も幟旗		久保北風子
夏場所の両国駅ぞ古るびたる		本井 英
呼出しの声夏場所の初日かな		牧野伴枝
夏場所や高く四股踏む朝稽古		大山みち子

本土より四国山地や初明り  梅岡礼子

 季題は「初明り」。「元旦、東天の曙光である」と「歳時記」は解説する。「曙光」は『広辞苑』では「①夜明けのひかり。暁光。②暗黒の中にわずかにあらわれはじめる明るいきざし」と記す。因みに『新明解国語辞典』では「まっくらな中に見え始める、夜明けの光」とあり、東の天空には、既に「明るさ」が漂い始めていながら、地上には未だ「闇」が蟠っている状態であることが判る。季題「初明り」については、筆者も従来「初日の出」と大して変わらないような印象を持っていたが、大いに間違っていた。つまり作者は闇の中に佇立しながら遙か彼方、暗黒の「四国山地」を望みつつ、天空に兆し始めた曙光に心奪われているという状態なのである。さてこの句の問題は「本土」なる措辞。これも辞書的には「植民地と違って、その国の産業・経済・行政上の中心となる国土」の謂となり、我々の脳内には「本土決戦」とか「本土復帰」といった言葉が交錯する。即ち「四国」は立派に「本土」そのものであり、「本土より」眺められるべき存在ではない。それを言うなら「本州」(日本列島中、最大の島としての)より、とすべきところである。ある意味では明らかな言葉の「誤用」がある訳で本来なら鑑賞の対象たり得ない句、ということになる。しかし、どこかこの句が筆者を惹きつけた。それは何故か。それは「四国」という地方に対する、なんとなく抱く印象に「本州」とは何か根本的に異なるものを感じているからに違いない。それは現代に於いてというより、日本の「古代」に於ける地域感覚を想像しているからかも知れない。四国と言っても瀬戸内海に面した地域は、九州と大和とを結ぶメインルートとして、如何にも「開かれた」感じを漂わせているのだが、その南に聳える「四国山地」から土佐にかけての地域には文化的にも大きな「隔たり」を筆者は感じてしまう。古代の日本を考える場合、現在のような「北」を上にする日本地図は不向きで、むしろ「南」を上にする地図の方が、「大陸」との相対関係が判り易い。つまり「山陰地方」は大陸に向いた「玄関」側、そして「四国山地」の南方は、「奥のまた奥」となる。そんな「古代人」のような感性をもってこの句を再読してみると、「本土」と「本州」の誤用も含めて、「ある感じ」を伝えてくれる。しかも「初日」ではなく「初明り」であることにも摩訶不思議な、何か恐ろしい「未知」のようなものまで感じることが出来る。語句の誤用を許容して良いかどうかの問題は、一旦脇に置いて、気になる句であったし、ともかく「景」が見えた。(本井 英)

雑詠(2024年5月号)

本土より四国山地や初明り		梅岡礼子
初明り島うすうすと浮かみくる
庭ごとに柚子のたわわや旧街道
冬菜畑母屋と納屋に挟まれて

弥撒終へし神父囲みて御慶述ぶ		原田淳子
縦に引く箒清しや五月場所		山口照男
鰹節のかをりがずつと南風の町		藤永貴之
ふるさとの橋の上なる御慶かな		田中 香

主宰近詠(2024年5月号)

春水舌を  本井 英

民家園のほまち仕事の接木鉢

春田なる白鳥向きをばらばらに

垂るる雲に頭つつかへ斑雪山

雛飾足裏冷たく拝見す

雛道具に怠るまじき琴棋書画

うすら日に浮き上がりくる雪景色

雲中に日の明るさや揚雲雀

昇りつめてじれてをるなり揚雲雀

落椿をお狐さまの()にちよんと

岬径のだんだん高し赤椿


芍薬の芽立ち仏の座が囃し

鷹部屋に鷹の剝製春寒し

引き堀の土手に貼りつき金瘡小草(キランソウ)

貝母咲く高さを風の流るるよ

ちりちりと蓬ぞ摘めば楽しからむ

父と子に脂魚(ムツゴ)が釣れて春の風

鴨は背の春水の珠ふり落とし

青柳に新幹線の橋はるか

河上の連山霾に閉ざされて

崖下の春水舌を垂れやまず