雑詠(2022年4月号)

おでん屋にゐるかと見ればをりにけり		児玉和子
白湯吞んで老いにけらしな年送る
一病が二病となりて年の行く
大寺の 欄 (オバシマ)に倚り年惜む
街師走舟和にあんこ玉買うて

風待の花筏とぞ申すべき			藤永貴之
雪まみれの犬のごとくに気動車来		稲垣秀俊
年行くや今日一日と生きてきて			山内裕子
何もかものつぺらぼうに年流る			天明さえ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください