雑詠(2012年6月)

亡き後も生ふらむ蕗の薹摘める	伊藤八千代
月細く残りて梅に明けゆけり
枝折戸の古りしままなる濃紅梅
誰を待つともなく蕗の薹炊きて

寒明の宿直室の古畳 児玉和子 杉の葉の混じりゐたりし雪礫 櫻井茂之 恋猫のうつそりと来て蹲る 山内裕子 濁点を打ちたき声や恋の猫 磯田和子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.