雑詠(2018年12月号)

夏蝶のごとく翔けたし生きたしよ     望月公美子
我楽多と言う字はためく夏の市
秋日濃し壁一面の世界地図
板の間を隈なく拭きて涼しかり

平成の最後の八月十五日         柳沢木菟
風邪抜けてけふ猫島に猫とゐる      藤永貴之
奉納の舞にやせゆく花氷         山内繭彦
噴水の飛沫を浴びる側へ行く       磯田知己

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.