雑詠(2017年8月号)

石段を上がればありし茅の輪かな		藤永貴之
初嵐へくそかづらの花こぼし
蟷螂の創一つなく死んでをり
日の当たる石にとまれり秋の蝶
亀鳴くや鵠(クグヒ)の沼の消えし町	津田祥子
小径を麓へたどり春深し		小沢藪柑子
一旦は空へ空へと花吹雪		前田なな
春の蚊の目の前に来てそこに消ゆ	高瀬竟二

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.