雑詠(2015年9月号)

線分を短く星の飛びにけり     藤永貴之
高原の空の真澄や濃龍胆
声のしてしばらくありて懸巣飛ぶ
雨水の残りて浅し虚栗

里山のふくらむほどに囀れり    前田なな
実梅落つ流れちよろちよろU字溝  木山杣人
杖を持つ右手の甲の日焼かな    飯島ミチ
水やうかん色の隠沼夏来る     天明さえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください