雑詠(2014年2月号)

十六夜や明日まで舟の来ぬ島に		梅岡礼子
音立てぬ波も時折島の秋     
秋潮にさざ波おろし金ほどの
近寄れば二つに分かれ月の島

紅梅や流転は尼となりしより		藤永貴之
秋灯に矢立根付と並べみる		藤森荘吉
大方を捨てられ茸狩終る		天明さえ
御城下を遊弋したる銀やんま		稲垣秀俊

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください