雑詠(2022年12月号)

楢枯に沫雪とまりそめにけり		藤永貴之
柿の秋筑紫次郎を南に
子供等のやうや落葉の駆け回る
剪定の了りたる冬紅葉かな

旭光の燃え広がりて冬の雁		前北かおる
秋水の辷りて迅き魚道かな		青木百舌鳥
三日目の干梅の肩ゆるみたる		梅岡礼子
玉と散りカイ塊を連ねて滝落つる	児玉和子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください