雑詠(2022年7月号)

後手に長き梶棒春潮へ		柳沢木菟
上水は再び開渠草青む
タカヒク高低をなぞり一面すみれ草
浜近く潮目や春の相模湾

学食へ挨拶をして卒業子		冨田いづみ
白南風や佐世保駅即佐世保港		藤永貴之
天竜の奥まで春の明るきや		渡辺深雪
鴨引いて鯉のあぎとふばかりなる	山内繭彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください