雑詠(2022年6月号)

薫風や鉋の背より鉋屑		山口照男
糸蜻蛉息をころすと言ふことも
シャープペン押して引つ込め梅雨深し
梅雨の森大聖堂のごと静か

又夜が来て薄氷を張つてゆく		北村武子
住職は炬燵に死亡届置く		藤野 澪
ある晴れた日に流氷が遠くから		小沢藪柑子
恢恢と土に影あり春隣		青木百舌鳥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください