主宰近詠(2022年2月号)

庵主われ      本井 英

黄をおびて明るきときの蘆火かな

沼の小春の日向径日蔭径

ゆかしさや沼離れゆく落葉径

鴨の足へなり〳〵と搔く見ゆる

浮かび出て濡れてをらずよ鳰



冬川へ笯を放りこむ音遅れ

灯を暗く別当寺や神の留守

一村の新海苔景気干しつらね

雪といふ名ぞ消えやすき一茶の忌

小春日をちまちま愉し花やしき



予想屋も聞き入る客もマスクして

菊屋形背中日当たりをりにけり

菊屋形降り出しさうや降りだしぬ

蜘蛛の糸つつつと冬日走る見ゆ

飛べるものどれも小春の日をまとひ



玄室へつながつてゐる落葉径

落葉溜りへ源流の失せにけり

子規の字の読むにたやすし句碑の冬

わが膝をしばし探りて冬の蠅

冬の蠅と親しむことも庵主われ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください