雑詠(2021年11月号)

夕菅に低く流れて湖の霧		山内裕子
夕菅に山小屋の灯の零れをり
川茶屋の梁に蠅取紙吹かれ
千羽鶴梅雨湿りして地蔵堂

島の子に手をひかれつつ夜光虫		冨田いづみ
風に乗る芋殻の火の粉発たれしか	前田なな
夕菅の島の小径を桟橋へ		梅岡礼子
駒草に吹き下ろす風火山から		小沢藪柑子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください