雑詠(2021年10月号)

半夏生花の組紐垂らしたり		児玉和子
合歓の花ここらが谷戸のどんづまり
谷戸奥の植田の脇の芋の畝
昼顔や軍港巡る船が出る

ゆるく飛び浅葱斑蝶は見よとこそ		藤永貴之
買物をしてきたるらし夜釣人		山内裕子
駒鳥や馬鹿尾根のつけから急で		釜田眞吾
昼顔や看板残る文具店		原田淳子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください