主宰近詠(2021年10月号)

大蛇行        本井 英

夏草を鎧ひひとやま残土とよ

梅雨空に年余回らぬ観覧車

小鷺可愛や黄の足袋も涼しげに

けやけき名競ひ鬼百合熊 蜂

梅雨が明けましたと紙垂も揺れはづみ



天空の畑とこそ呼べ蕎麦の花

吹きあげてきて花蕎麦にあそぶ風

咲かんずるあやめの槍の紺の濃き

ほたる往来漆黒に樹のかたち

蛍火の急降下とてありにけり



峠越えて男三人瀧を見に

瀧水の解き放たれて微塵なす

瀧筋やはみだしものも諸共に

瀧筋のきゆつとくびれるあたりかな

瀧壺の瀧水癒えてゆくごとし



沸きて澄み沸きて澄みては岩魚沢

枝沢を降りくる人や岩魚川

夏草をむしり喰ふ音牛若し

蜥蜴捉へんとくちなは大蛇行

四万の湯は師もこのまれし夜の秋

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください