雑詠(2021年6月号)

キュルキュルと目白喜び臥龍梅		岡﨑裕子
武蔵野の用水細し春浅し
殊の外この梅愛でし父であり
直売の菠薐草を娘の分も

赤銅の鎌首は藪枯の芽		稲垣秀俊
菜の花や厩舎の窓に馬の貌		大山みち子
巻道があつて木五倍子の花下げて	児玉和子
三誓願立て玉葱を吊しけり		山口照男

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください