雑詠(2021年3月号)

雪しろのだだ広ごりに海へ出づ		藤永貴之
しら梅に萼の紅の滲みたる
芍薬の芽のはじめからまくれなゐ
エンジン音あれば耕しをりにけり

銅鐸の如くにビルや夜の椿		前北かおる
寒葵黄泉に通じてをりぬべし		稲垣秀俊
ドリカムを聞きつゝ松の手入れかな	永田泰三
石塀より地に冬蝶の影移る		武居玲子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください