主宰近詠(2021年3月号)

姫沙羅まじり  本井英

お醬油に潤目鰯の脂浮く

船火事の船首煙の外にあり

船火事の煙浪間をただよへる

火事の火が裏山にとりつきにけり

のめり込むやうに潜きてホシハジロ



眠る山の胎へ飛びこみわが車窓

枯れ枯れて姫沙羅まじり沼ほとり

日の当たる丘の暮らしや蒲団干し

草枯に切り幣の散らかれるかな

子等喚声落葉溜りの深ければ



雁木出はづれて河風横なぐり

手の窪に油へ放つまでの牡蠣

わが生に牡蠣船楽しかりし夜も

蒲公英のロゼットはやも落葉中

寒禽のこぼるる仰ぎ渓の径



渓径や笹鳴まじり啄く音

登りつめれば逆光の冬紅葉

鐘低う吊りある紅葉明りかな

ワイン色なしたる落葉溜りある

凪空の青へ突きあげ花アロエ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください