雑詠(2021年2月号)

蜂追ひの紙縒りキラキラ秋日和		矢沢六平
売りに来てそのまま茸談義かな
子等のあと親がつきゆく虫送
東京へ出て行つたきり柿たわわ
鷹匠や食はせる時に鷹を見ず

夫がゐて家あたたかく十三夜		冨田いづみ
甘藷畑に島の全校生徒かな		梅岡礼子
朝礼の正方形を鳥渡る		黒田冥柯
畑とも道ともつかず韮の花		飯田美恵子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください