雑詠(2021年1月号)

残りページ気にしつつ読む良夜かな	馬場紘二 
浮き上がる一面の白蕎麦の花 
クラシックホテルの庭の良夜かな 
お隣につい声掛ける良夜かな 

天の川見に行くバスに乗り込める		飯田美恵子 
背のファスナー開いたままに蟬の殻	小山久米子 
故郷に妻子ある人鯊日和		矢沢六平 
黒松に熊笹赤松に芒			天明さえ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください