主宰近詠(2021年1月号)

無実顔    本井 英

秋耕の一鍬ごとに土香り

岸釣の釣るれば妻の駆け寄れる

おしろいは実を零したり萼残り

待ちまうけをれば尾花に風いたる

泥まみれなるものも朴落葉かな



女郎蜘蛛夫は無実顔にをり

客寄せのコスモス畑頃を過ぎ

スルタンの宝珠のやうや藪茗荷

鵙はひかへめ画眉鳥聴こえよがしに

トンネルの中ほど高し秋の風



浜砂に消ゆる小流れ暮の秋

街の秋潮路橋とは良き名もて

秋風に船首いかめしタグボート

万両五六亭々といふ姿にも

白マスク黒マスクはた顎マスク



煽つたび陽射し掬ひて芭蕉葉は

句碑そこに建つがたのしみ小鳥来る

緋毛氈の緋に新旧や秋日和

咲きつれて茶の花姸を競ふなく

茶の花や不平不満の蕊を吐き

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください