雑詠(2020年11月号)

語りたき人の少なし端居して		岩本桂子
夜光虫オールのしぶきとび散りて
句碑までの近道なりし草いきれ
空晴れて身ほとりの尚梅雨じめり

諍ひを避けきし髪を洗ひけり		前田なな
昧爽の夏川に手を浸しみる		町田 良
風鈴の路地を曲がればさらに路地	児玉和子
青芝に五本立てある譜面台		梅岡礼子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください