雑詠(2020年9月号)

ぼうたんの散るごとに身を軽うする	田中 香
擬宝珠やブロック塀に菱の窓
傾がざるものなかりけり花擬宝珠
側溝に根付きし草や五月雨
ビオトープ溢れしめたる五月雨

ぽろぽろぽろぽろたんぽぽへ山羊の糞	前田なな
寝そべれば仔馬は薄し草青し		冨田いづみ
香のもとへ辿り着きたり桐の花		三上朋子
よるべなき身や満開の花仰ぐ		久保光子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください