雑詠(2020年8月号)

平日を子どもと過ごす桜餅		永田泰三
工場の敷地にテニスして長閑
寝ころびて蒲公英ほどの目の高さ
麗らかや電気で走る乗用車

茎立や土手にほまちの畝立てて		山内繭彦
北窓を開けて潮の香波の音		磯田和子
寒冷紗柵に絡げて耕せる		天明さえ
木蓮や物納とする家屋敷		矢沢六平

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください