主宰近詠(2020念8月号)

英傑のあり  本井英

定期便着きたる島も夏立てる

桐の花散れる音とてありにけり

にはたづみ乾きしあたり桐落花

八箇ぴつたりお持たせの柏餅

ほとりほとり花降らするは禅寺丸




黄菖蒲の黄の気の置けぬ黄なりけり

をとつひの夜中の今朝のほととぎす

漁港より葉桜の道丘へ伸び

楠若葉湧いておでこがくつつきさう

鱚釣のボート随分沖に浮く




蛸壺の紐ごはごはや波止薄暑

青葉潮沖の生簀は八角形

青葉潮敷く洗岩に暗岩に

青葉潮を小さく切りとり船溜り

浜大根の実とはどこやら丁呂木(チヨロギ)めき




船虫や評定もなく集ひ散り

遁走の船虫様子見の船虫も

船虫に英傑のあり凡夫あり

横転の海月やさらに反転す

港内の夏潮に棲むソラスズメ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください