主宰近詠(2020年6月)

ひとりの磯遊  本井 英

料峭や病禍地を這ひ海に浮かび

今年また貝母の場所に貝母咲き

下萌の香り充ちたり暁の闇

浜大根の花のむらさき刷毛でちよと

岩跳んで老のひとりの磯遊




雨の輪の明るさにある浮巣かな

浮巣降りたちまち潜き鳰

かづきては交替しては鳰の親

春雨のこまかや保与を降りつつみ
   ※「保与」は「寄生木」の古名

日向水木のちやうちん袖のこぞり咲く



 平杉菜の青を盛り均し

ちりめんのやうに囀峡に充ち

水筋を逸るるあたはず蜷の道

蝌蚪の尾がたてては流し泥けむり

蝌蚪の尾のわらわら揺れてはたと止み




蝌蚪のくろ雲のごとくにわだかまり

昼からは風が走りてつくし原

新旧の養蜂箱を草萌に

蜂うかぶ養蜂箱のあはひかな

こぼれゐて敷くにはとほき落椿

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください