雑詠(2020年5月号)

日の落ちて喪中の友へ初電話		小林一泊
鼻歌の七草なづなパンを焼く
喧しく雨戸閉つ音寒の月
日の光届く床の間福寿草

女郎蜘蛛屑零しつつ獲物食む		山本道子
寒梅の香のしんとして流れざる		田中 香 
シツ出津文化村とや蜜柑咲く香り	藤永貴之
冬夕焼ずつと遠くへゆく列車		小沢藪柑子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください