主宰近詠(2020年5月号)

綾をほどきて    本井英

綾なして綾をほどきて芹の水

空映すところもありて芹の水

野の風にすこし味濃き稲荷寿司

梅林はいますつぽりとビルの陰

梅林やわが影法を連れ歩き



降りかかる雨粒若し梅は老い

紅梅の花弁貼りつく雨の幹

海苔採りの舟よと沖を指させる

クルーザーの機走のひびき湾の春

あやにくに雨の御堂や針供養



溶岩垣ののぞきはじめし雪間かな

犬来てはかならず嗅ぎて雪間草

西行を慕ふは誰も三千風忌

唱へみて心地よき音クロッカス

菜の花の黄に分け入りて眼を細う



仏の座菜の花畑の縁に咲く

白椿日陰の風も心地よく

手びさしの右手が疲れあたたかし

二 月の菖蒲田乾ききつたりな

梅 香に駐めてユンボの昼休み

1 comment to 主宰近詠(2020年5月号)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください