雑詠(2019年4月号)

埋火を探る冷たき火箸かな		山内裕子
掌をかざし埋火確かむる
林中に薄日の差して冬の草
一団の鵜の去りてより鳰
草枯れて空気の抜けし鞠ひとつ

降り止まぬ暗き沖より鰤起し		岩本桂子
池奥よりすべり出で来し鴨の数		児玉和子
寒禽の喉を緩める日和かな 		原 昇平
ざらざらと座棺におちる冬の土		田中金太郎

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください