埋火を探る冷たき火箸かな  山内裕子

 季題は「埋火」。炉や火鉢の灰の中に埋めた炭火のこと。夜、寝るときに「埋火」にして置き、翌朝、灰の中から搔き出して新しい炭を添えてやることで、炭火は継続される。

 一句はその「朝」の様子。前の晩に「埋火」として灰の中に埋めておいた「火だね」を探っているのである。一晩の間に座敷の温度は随分と下がってしまい、指にとる「火箸」はすっかり冷たくなっている。

 表現の方法としては「埋火を探る火箸の冷たけれ」という方が狙いがはっきり見えるが、それでは「あからさま」過ぎて、掲出句の句形の方が上品な感じもする。(本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください