雑詠(2020年3月号)

観念して家業に就きぬ酉の市		矢沢六平
凩やびつくりガードくぐり抜け
機関区を望む陸橋冬日和
冬もみぢ仮設トイレを撤去中
投げ放つ鷹の低空飛行かな

はこべらの茎も(ウテナ)も産毛かな		藤永貴之
零余子かな小惑星の(カタチ)して		原 昌平
しらしらと芋の見えゐる芋水車		田中 香
桜湯の碗をタトゥーの手が包む		櫻井茂之

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください