雑詠(2019年12月号)

著ぶくれてこぼれおちさうバギーの子	田中金太郎
葉牡丹の紫の渦にすひこまる
寒禽のするどき声に沼暮るる
病む妻の爪切りてやる小春かな

レジ袋最後に入れる桃二つ		都築 華
炎昼の鶏小屋騒ぎ静まりぬ		町田 良
新涼の侍浜の松に雨			稲垣秀俊
猿山の猿に片陰すらも無く		辻 梓渕

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください