主宰近詠(2020年1月号)

 文反故    本井 英

鶺鴒のたまさか映る忘れ潮

チェンソーの一つの音に島の秋

流れ来て川霧すやり霞なす

一人干す一人のものや葉鶏頭

夜寒さに目を遊ばする文反古(フミホウグ)



猫にお手教へてをれば夜ぞ長き

ピザ釜を据ゑて疎林や小鳥来る

オクラ畑長けさらぼへて花をなほ

秋風の沼をへだてて力芝

観察窓初鴨がなと覗きみる



紫陽花の実となりそれも枯るるころ

追へばやや急ぐそぶりに穴まどひ

あちこちにホース綰ねて園の秋

花ながら雨の茶垣の整はぬ

蔓葉はらひて藷掘りを待つばかり



虫の音と雨音とあひ縫ふごとし

秋潮を熨し自衛艦一〇五

千両の紅の過渡期を美しと

真青なることも佳きかな真葛

見よがしに咲き連ねたる杜鵑草

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください