主宰近詠(2019年12月号)

稲架立てる場所    本井 英

娘等に流行るは手持ち扇風機

白芙蓉白よりほかの色知らず

いつの間に蜩の熄みわたりをり

初潮の大きく退りゐる渚

ただ高く翔るばかりぞ秋燕



丘をまいて御最期川は浅く澄み

 

浜離宮 二句

いま船で着きし人らに庭の秋 潮浅し小鯊あつち向きこつち向き 父祖の地の根津のここらの秋祭 クロネコの自転車便に辻の秋



五十年棲めばわが町鰯雲

鰯雲大きく破れをるところ

蔓の影くつきり置いて通草かな

どんぐりの幼き色の敷きこぼれ

園内を檄の駆けたる曼珠沙華



知つてゐて雀蜂と目の合はぬやう

小諸俳句田圃

この稲田風のげんこつ喰らひたる 稲架立てる場所をまづ刈り取りにけり 稲架裾を楽しくくぐり蝶黄なる 露草の実のぷつちんの苞がくれ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください