雑詠(2017年10月号)

跼まりて子はなほ小さし椎拾ふ		藤永貴之
菊畑の菊矗々と出荷待つ
桐の実や寺領の内の一つ庵
遠目にも桂の黄葉且散れる
残照を惜しみ高きに登りけり
案内人目につく草を引きながら		岩本桂子
蚊遣香外の雨へと流れけり		永田泰三
水面をぼぼぼぼぼつと滝が刺す		磯田知己
万物に影をつくりて夏の月		木下典子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください