雑詠(2016年5月号)

やはらかに身をすり合はす鯉幟		櫻井茂之
大皿の中を蠅虎這へる
和菓子屋の波打つ玻璃戸粽買ふ
卯の花や水源近きさゝ流れ
菜の花の向かうに富士の頭かな		金子千鶴
初夢の野にすれ違ふ夫若し		前田なな
駅に集合口々に御慶述ぶ		児玉和子
寒紅を直し米寿のコンパクト		岩本桂子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください