主宰近詠(2018年9月号)

稚魚なんだとか   本井 英

木天蓼や谷をへだてて古代杉

紫陽花は瑕瑾なき葉をうち重ね

日傘なほよろづ小ぶりのよろしけれ

夏燕出会ひがしらに追ひ追はれ

蜑路地の顔の高さをつばくらめ




豊島園をつつきり流れ梅雨の川

駅ごとの発車チャイムや梅雨最中

舟虫の追ひおとされて泳ぐなり

水中に風あるごとし目高散る

寝てか醒めてか五月闇知るばかり




花落ちて山梔子はやも五稜なす

睡蓮の白つまらなく黄のいやし

フラワーセンター隅つこの半夏生

老鶯を画眉鳥まぜつかへしたる

吹きおろし来たりてあふれ青嵐




楮の実なりやと問へばさてと答ふ

乾涸らびし蚯蚓を蟻のとがめざる

涼風の恣なり恢復期

四阿の黴の垂木に今日の晴

ブルーギルの稚魚なんだとか涼しげに

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.