雑詠(2017年11月号)

光から雷鳴までを息つめて			木下典子
初蟬の聞こえ洗濯日和かな
紫陽花に木の影おとし一里塚
風鈴をいくつも下げて陶器市

退院や一日遅い鰻の日		矢沢六平
鉛筆で蟻のけんかを仲裁す		小野こゆき
冷麦へ氷ごろごろ落とし込む		山内裕子
あめんばう出合ひ頭の横つ跳び		河内玲子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.