花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第68回 (平成18年2月10日 席題 実朝忌・片栗の花)

極小に芽生えいろいろ春隣
元の句、「ごく小さき芽生えいろいろ春隣」。季題は「春隣」で、冬の季題です。「芽生え」とか、「もの芽」とか、「ものの芽」、「名草の芽」とか、芽に関する春の季題はたくさんございます。従って、「芽生え」と言ったら、春の季題になってしまいますね。敢えて、「春隣」と言ったところに、ごくごく小さい芽が、それでももう見えているんだというところに、観察の面白さがあるんだと思います。ところが、原句の「ごく小さき」とか「ごく小さく」とか言ってしまうと、そのまま、ことばで説明してしまっている。それを言うよりは、「極小に芽生え」と言った方が、ずっとそこには詩がある。「ごく小さき」と言うと、「ねー、ねー、聞いて。」「あのね、小さいのよ。小さいのよ。」と、盛んに読者に知らせようという気持ちが強く出てしまう。詩というのは、読者に知らせようという気持ちよりは、自分の口をぽっと出て来た、そんなリズムが大切で、「極小に」と言ってしまった方がいい。
朝市の蕗のとうから捌けゆく
これはいかにも蕗のとうというものを表しています。どこが「蕗のとう」の面白さかと言えば、早く出るから面白いんです。つまり「蕗のとう」の旬は、もう旬ではないんです。昔から走りは珍重しますが、特に蕗のとうは走りが面白い。「あ、蕗のとうが出たんだ。」という楽しさで、その香りを楽しむものですね。虚子の句に「とくくれしこころざしやな蕗のたう」(字遣い未確認)というのがあります。早くに亡くなってしまった、島村元(はじめ)さんという方がいまして、慶應の先輩で、大金持ちの子息で、体が弱くて、専門の俳人になろうと思っていたのに、三十になったかならずかでしょうかね。大正十二年の七月だかに死んだんです。その未亡人が、その何年か後に、虚子の所へ鎌倉の家の蕗のとうを届けてくれた。それの返礼の句。若く死んだ、才能豊かな青年俳人の未亡人が蕗のとうを贈ってくれた。それだけのことなんだけれど、この句の場合、「とくくれし」がすごく意味がある。ぱっと見てみつけて、採って、もうすぐくれた。というところに、蕗のとうらしさがある。蕗のとうは早いから面白い。雪の中から採ったから、面白い。朝市に出たら、ほかに乾物などもある中で、蕗のとうが珍重されて、すぐ売れるのもなるほどな。飛騨高山の朝市だろうが、輪島の朝市であろうが、朝市だったらそうであろうな、ということがよくわかる句で、なかなか周到な句だと思いました。
御寺より一升枡の年の豆
  どういう事情でどうだか、よくわかりません。ただ檀那寺から、厄年かなにかなんでしょうね。一升枡で年の豆を送ってくる檀那寺があった。というふうに、僕は想像しました。一升枡にたっぷり年の豆を送ってくる檀那寺があるということは、お布施を普段たくさん出しているんだろうな。と、そんな檀越(だんおつ)と檀那寺との昔ながらのいい関係があると思いました。
清々と菊菜の苦味腑に落ちる
この句は「腑に落ちる」がなかなか洒落ていますね。五臓六腑とも言いますが、胃の腑に落ちたんでしょう。つまり香りを楽しみながら、春菊を食べて、その香りを苦みと共に、ごくんと飲み込んだ、その気分を「苦みが腑に落ちた」というのが、面白いですね。僕ら、日頃、「腑に落ちない。」などと言っていますが、このことばを原義的にお使いになったところが面白いし、「清々と」というのも、この季節感を表しているなと思いました。
杣小屋の前に咲かせて花かたこ
これは、それらしい句ですね。杣は樵というか、もともとは人工林が「杣」なんです。杣山というのは、自然林を杣山とは言わない。「わが立つそまに墨染めの袖」という百人一首がありますが、杣というのは人の手がはいったのが杣。杣小屋というと、森を管理している樵とか枝打ちをするような作業小屋。山の奥の方なんだけれども、そこにちょうど花かたこが咲いてをった。という句だろうと思います。
犬抱いて治療院へと梅の下
元の句、「犬抱いて梅花の下を治療院」。面白かったんですけれど、「治療院へと」というふうにお作りになったらと思いました。題材はすごく面白いです。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第67回 (平成18年2月10日 席題 実朝忌・片栗の花)

何事か叫ぶが如く樹氷群
樹氷というのは蔵王が一番日本では代表的かと思いますが、志賀高原の横手山でも、樹氷は「モンスター」とも言います。何とも言えない奇怪な形になって、それを見ると、「何事か叫ぶが如く」と、表現としてはある意味では生な表現、句としては若干生なものが残っている句ですが、その生さ加減がよろしいかなと思いました。
ゆるやかな鯉の動きに春近し
実はこれ、「寒鯉」という季題が別にあるわけですね。「春近し」といったら、当然寒中ですから、寒鯉と言ってしまったら、それで終わってしまうわけですが、それを敢えて寒鯉と言わずに、寒鯉なんだけれども、本当に春が近くなってきたので、ただ深い所にじっとしていた鯉にも、すこし動きが出たようだよ。寒鯉もとうとう春が近いんだなあ。と、そんな微妙な季節の流れを捉えた句というふうに、鑑賞しました。
堅香子の花の群れ咲く樵径
樵だけが通るような道を辿っていったら、堅香子の花が群れた所があった。「あー、こんな所に群れていたんだ。樵の通る道だから、樵は知っていたんだろうな。私は初めて知ったぞ。」と、ある程度、樵の暮し屁の思いに、ある程度入っているのが、この句、面白いと思いました。どなたかの句に、獣道というのがありましたが、獣が通る道ですから、ほとんど人間は通らない。大体、僕の認識では、獣道というのは低くって、せいぜい狸とか鼬(いたち)とかが、すらっと抜けるところで、獣道のようなということはあっても、獣道は人が通れないんじゃないかなという気がしました。
鎌倉の海荒れてをり実朝忌
これは、鎌倉の句として、まっとうな句です。面白いのは、実朝忌の頃になると、移動性の低気圧が通るようになる。いわゆる西高東低の固まった冬の天候ですと、鎌倉の海はまったく荒れない。鎌倉の海は、ようやく春になって、低気圧がどんどん通るようになると、荒れる日が多くなります。特に日本海に低気圧が入ると、鎌倉の海は大変荒れるんですけれど、そんな移動性の低気圧が現れ始めた頃だと思うと、この句、何気なく作っているようでいながら、実朝忌の季節感を表しているなと思って、感心した次第です。
薄氷をせきれい滑ってみたりもす
ちょっと冒険の句ですね。鶺鴒というのは、ご承知の通り、細い足で細かくちょちょちょちょと行くので、あの歩き方はなるほど滑りやすいですね。氷の上を歩いている鶺鴒を想像すれば、滑ることもしょっちゅうあると思いますね。それを「滑ってみたりもす」と、若干俳諧味を利かせて、わざと滑ってみたようにも見えたというところに、作者の心のゆとりがあるんだと思います。
春一番心ざわざわしてきたる
なかなか冒険的な句ですね。ひじょうに感覚的な句で、何か心配ごとが多かったり、家庭内でも問題があったり、ざわざわしている。それが、ほこりが戸の隙間から入るような日だった。二日さんと聞くと、主婦の、ある気分がありますね。