雑詠(2014年1月号)

旧火口底の底まで花芒		波多野美津子
警報の解かれて二百十日かな
新秋や肌になじめる化粧水
息災に齢を重ねて獺祭忌

卓袱台を五台つなげて洗鯉		梅岡礼子
枯れてなほ姿正しきうつぼ草		前田なな
秋冷の川曲(カワワ)に溜る山の砂	児玉和子
定宿の定連客の秋炉かな		町田 良

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください