ロシア婦人のごとく大柄鶏頭花 道子 (泰三)

 1月ももう終わりですね。新年会で多くの人に会えますことを楽しみにしている泰三です。皆様はいかがお過ごしですか。

 季題は、鶏頭で秋。花の色形が鶏冠に似ているためつけられた名前である。虚子編歳時記には、

 人の如鶏頭立てり二三本 普羅

 の句があるが、頭でっかちな花で、なるほど人の様にも見える。

 この句は、鶏頭がロシア婦人のようだ、しかもロシア婦人のように大柄だと見立てる。ビロード状の花びらはいかにもロシア婦人が着ていそうな服に見える。そして鶏頭のすっくと伸び咲く様は大柄というに相応しい。鶏頭がウォトカを呑んでも酔っぱらいもしない、そんな花に見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください