主宰近詠(2021年12月号)

月への道      本井 英

根治してこれよりの日々山の秋

退屈を愉しみに来し出湯の秋

出湯の秋建てこむ中の薬師堂

絵馬に描く「め」の鏡文字堂の秋

鯉岩魚仕入れて活かし出湯の秋



下山バス出ればにはかに秋冷ゆる

蜘蛛の囲の勲章然と蟬の翅

柳蘭の果ての白髪も潰えんと

混群といふことばあり小鳥来る

風欲しとアサギマダラは高く高く



身の丈を隠しかねをり穴惑

秋草に躙るともなき蛇の胴

蕎麦畑の白の違ひの五六枚

風澄めば花蕎麦の白さらに澄み

ここにまた神饌の山葵田かしこみて



山葵田の流れの果てに鱒池を

雑魚ほつほつ羽田の老に秋楽し

航路とて少し深みや鯊さぐる

木犀の香に濃淡や風通ふ

 

悼 深見けん二氏

後ろ影月への道を辿らるる

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください