雑詠(2021年7月号)

暗渠より運河へ注ぐ水温む		塩川孝治
ぬぬぬぬつと春泥に脚とられけり
たつぷりの水と光をパンジーへ
梅散るや枝先ぴくと震はせて

母の息の止まるを待てる遅き日を		木山夕景
明日は去る町を歩みて卒業す		山内裕子
菜の花や漁港の先に弁財天		冨田いづみ
春浅しぷしゆんと閉まる桐箪笥 		渡邉美保

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください