主宰近詠(2021年7月)

指垂るる       本井 英

ハーフマイル・ビーチと呼ばれ桜貝

足裏に砂こそばゆき桜貝

散骨は切なる願ひ桜貝

桜貝フラを習つてみやうかしら

桜貝祖父祖母の待つ日影茶屋



虚子の忌の市ヶ谷あたり朝の風

採血の針ちくとあり惜春忌

うすべりを剝がせば板子桜蘂

垢離堂の格子ごしなる春の闇

惜春の丘辺に甘藷先生碑



胸突きの行人坂を風光る

おもむろに起きる細浮子沼ぬるむ

長閑けしや浮子の沈むをただ待ちて

風車小屋模してチューリップも楽し

青鷺の踵揚ぐれば指垂るる



前触れもなく仔猫ゐし帰宅かな

仔猫なほおぼつかなさの後ろ脚

妻をはや母と心得仔猫かな

谷せまくなれば鶯さらに近し

万華鏡なしてうかびて菱浮葉

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください