主宰近詠(2021年5月号)

青き踏む      本井 英

鵜の黒の春水潜りゆく迅さ

温みきし水を愉しと鯉の鰭

春浅しSECOMと貼りて薬師堂

路地を抜け路地に入れば梅早し

日の底に天道虫の色うるむ



耕してあるよポットも置いてある

干し若布気さくに頒けてくれにけり

初花とも返り花とも雪柳

紅梅や小腰をすこし矯めて咲く



     

小諸城 三句

穴城に降りけぶりたり木の芽雨 春寒の黒門橋や門は失せ 四海浪売店も春寒に閉づ



見ゆるかぎり全開したり犬ふぐり

下萌のはじまつてをり山羊つなぎ

丘は鳴り海は響動もし三千風忌

梅林を歩すほどに膝ほぐれゆく



梅ケ枝の影が眼白の胸元に

白梅に伸べる眼白の頸みどり

梅ケ枝の影を離るる鳥の影

老けてゆく妻このもしや青き踏む

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください